スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途上の家の地図

imgcbc3446ezik1zjs1.jpg

10月4日に行われるフルート・ギターのデュオコンサートの会場は、ちょっと分かりにくいかもということで地図を掲載しておきます。

JR琴似駅から徒歩で10分ほど。車で来た場合は、近くの公園のそばに停めておけるそうです。近くまでいくと看板を持った案内人がいるとかいないとか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

忘れ物

自慢ではないですが、僕は忘れ物が多いです。
先日も、彼女の家からレッスンに向かおうとして、ふと気づきました。

楽器自宅に置いてきた~!


時計を見ればレッスン時間まで30分!
泣きそうになりながら、彼女にお願いして自宅まで車で送ってもらい、そのままレッスン場所まで向かいました。

大体、そういう忘れ物に気づくのはギリギリ直前ですね。
今日も札幌フルート協会の練習に必要な、譜面台を忘れたことに気づいた時には、もうどうしようもなくなってましたし。

学生の時には、バスから降りてからフルートを置き忘れたことに気づき、終点までバスを追いかけたこともあります。

楽器関係の忘れ物は、あってはならないミスだけに、ホント寿命が縮みます・・・。


P.S
10月4日の薮田さんとのデュオの情報が、スタジオ・シンフォニカのサイトに掲載されました。僕の住むマンションの建築士兼大家、そしてフルーティストでもある畠中さんという方が主宰です。

http://www.sinfonica.co.jp/

こっ これは・・・

面白いサイトがあるから見てご覧と言われ、ちょっと覗いてみました。

ミルキー歯科
http://www.milky-d.jp/index.html

そのスタッフ紹介のページが、まるでキャバk(略
思わず飲んでいたキリンレモンを鼻から噴出しそうになりました。
いやしかし、今や病院も色々な方法でお客?を獲得しようとしてますね。


あ、コレ札幌にあるんだ。へー・・・

いや、決して行きたいなんて思ってませんよ。ホントホント。
そもそも僕は生まれてこのかた虫歯になったことが無いのが自慢なのですから、全然お世話になることないし。うん。

ん、でもホワイトニングもやってるんだ?ほー・・・

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

乗り切ったー!

前のブログでも書いたとおり、久々に背中につららを突っ込まれるような本番を経験しました。リハ無しでぶっつけ本番というのは、気心の知れた仲間内でもほとんどやったことがありません。なんとか計4回の演奏を終えて、今ほっとしている所です。

さて、ギタリストの薮田さんとのコンサートがあと1週間後に迫ってきました。詳しくは右にあるカテゴリーの「コンサート情報」をご覧くださいね。その他今後のコンサート情報もそこに掲載されているので、ぜひ覗いてみてください。

ピーンチ!

先ほど札幌交響楽団のエキストラの話が舞い込んできたのですが、なんと本番が明後日と明々後日!しかも練習もなく、ぶっつけで本番に望みます。ぶっちゃけ今までのフルート人生で一番のピンチです。あああ、なんで引き受けちゃったんだ・・・でもそうしないと今月の家賃が払えn(略

とにかく!今から即効で楽譜もらってきます!やばーいーぞーー

DUO~フルートとギターの夕べ~

img59ccbf09zik9zj.jpg
日時 2008年10月4日(土)19:00開演(18:30開場)
場所 途上の家(札幌市西区発寒3条1丁目5-1・西税務署近く)
料金 一般2000円(当日2500円)ワンドリンク付き
    学生(高校生以下)1000円

演奏予定曲目 ジムノペディ
          リベルタンゴ
          ジュ・トゥ・ヴ
          オブリヴィオン
          シューベルトのセレナーデ
          熊蜂の飛行
          フルートソナタBWV1033
                    他

出演 立花雅和(フルート)
    薮田建吾(ギター)

ご予約・お問い合わせ
011-215-6400 スタジオ・シンフォニカ(HPはコチラ
Eメール:aed73610@star.odn.ne.jp

木管五重奏コンサート

imgb6c479b9zik0zj.jpg
日時 2008年11月3日(月・祝) 14:00開演(13:30開場)
場所 大谷同窓会ホール(札幌市東区北16条東9丁目 大谷高校横・東豊線「東区役所」駅下車2・3番出口より徒歩7分)
料金 一般1500円、学生500円

曲目 フルート四重奏曲第1番ニ長調KV.285(W.A.モーツァルト)
    木管五重奏曲第3番ニ長調OP.91-3(A.ライヒャ)
    17世紀の古いハンガリー舞曲(F.ファルカシュ)
    木管五重奏曲(P.タファネル)

主催:Rela札幌室内合奏団(HPはコチラ
問い合わせ:080-3237-8341 Eメール:ensemble.rela@gmail.com (松田)
チケット取り扱い:ヤマハ札幌店・キクヤ楽器・井関楽器・4プラプレイガイド・大丸プレイガイド

’08 青島広志とホワイトクリスマス

imgfe8e1064zik7zj.jpg

日時 2008年12月19日(金)午後7時より
場所 季の苑 エルムガーデン(HPはコチラ)
    札幌市中央区南13条西23丁目5-10 TEL 011-551-0707
料金 15000円(ディナー・フリードリンク・コンサート・税サービス料込)

プログラム
  スタバート・マーテルよりアリア(ロッシーニ)
  学生王子よりセレナーデ(ロンバーグ)
  トゥーランドットより誰も寝てはならぬ(プッチーニ)
  ユーモレスク(ドヴォルザーク)
  軍隊行進曲ニ長調(シューベルト)
  3つの前奏曲より1番(ガーシュイン)
  もろびとこぞりて
  きよしこの夜
                     他

出演 青島広志(ピアノ・お話・司会)
    小野勉(テノール)
    加賀谷恵子(ピアノ)
    佐藤洋美(ギター)
    立花雅和(フルート)
    森下幸路(ヴァイオリン)
    薮田建吾(ギター)

主催:’08 青島広志とホワイトクリスマス実行委員会
協賛:美容室R628・レンタルドレスのプリンちゃん
後援:加賀谷恵子音楽事務所
お問い合わせ:TEL 090-1525-7307(加賀谷)

ジャン先生初来札

CIMG2694s1s1s1.jpg
先日、僕のフランスの師匠であるジャン先生が初めて札幌にやってきました。

まず16日に桑園のJR本社ビルでロビーコンサートがあり、久々に先生の音色を楽しんだわけですが、休憩中ふとトイレに立ち寄ると、

「マサ~!」と呼ぶ声が!

そこには歯ブラシを加えた我が師匠の姿がありました。なんと実に3年ぶりとなる再会を、トイレで果たしてしまいました。ひとしきりトイレで再会を喜び合うと、颯爽と次の演奏の準備に戻ったのですが、後半のプログラムを演奏中、終始2階席で聴いていた僕に、こっちが恥ずかしくなるくらいアピールされました。

次の日は先生のマスタークラスでしたが、午前中は開いていたので小樽にドライブに行ってきました。昼食に入ったすし屋では、先生は寿司のネタの刺身(ウニ・カニを含む)をモリモリと食べ、観光もそこそこに札幌へ帰還。

マスタークラスでも久しぶりの先生のレッスンを受けました。初めはやっぱり緊張したけど、だんだんと留学してきた時の記憶が戻ってきて、途中からはまるで懐かしいエコールノルマルの教室でレッスンを受けている錯覚さえしました。何だかフルート吹きながらうるっときちゃいましたね。

先生は、僕が帰国してからもずっと気にかけていて下さっていました。札幌に入ってからというもの、ずっと僕のことを話題にしていたそうです。本当によい先生と巡り合えたなと、今回改めて実感しました。

6月にまた札幌にいらっしゃるそうです!
そのころまでには今よりもっと上手くなってないとな~(フランス語も)。

我が師匠のお話

今回は、先日もレッスンを受けてきたけど、僕の尊敬する師匠である森圭吾先生について。

フルートで食べていくようになっても、やはり定期的なレッスンは欠かせない。どんなに冷静に自分の実力を過信しないようにと思っていても、奢り高ぶる気持ちは気づかないうちに忍び寄る。自信を持つことは決して悪いことではないけど、それが無自覚の虚栄心からくるようになってしまうのは、音楽家にとって本当に怖いことだと思う。自分より高いスキルを持った人に教えを請うのは、そういった自分の誤魔化しを排除するため。

森先生はそんな誤魔化しを即座に見抜き、残酷なまでに「現実」を突きつける。森先生は、音楽のみならず事の本質に迫ることに対して深い情熱と発想があり、妥協や甘えは一切ない。だから言葉の一つ一つに説得力があり、重みがある。

僕も、音楽家は常に真実を見つめ続けなければならない!なーんて思っているけれど、やっぱり凡人なのかどこか妥協してしまう。そんな弱い心をレッスンの度に思い知らされ、ヘコんで帰ることがよくある。どうやったらそんな情熱を持ち続けられるんだろう?痛い現実に目を逸らさずにいられるんだろう?

正直、先生と僕とは性格も音楽性も離れた所にあると思う。学生時代は、いつかこんな音楽家になりたいという憧れがあったのだけれど、自分のスタイルが確立した今は、決してこうはなれないという諦めがある。弟子は決して師匠を超えることは出来ないと言うが、それは別の道を歩むからではないかな・・・。

サイト統合

今まで使っていた自分のホームページと、ブログを統合しました。
今後はこちらでコンサートやフルート教室の情報、日々の活動の様子を記していきたいと思います。
どうぞよろしく~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。