スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察・楽譜の電子書籍化

昨今、twitterで教科書の電子書籍化についての議論を見た。
僕は電子化には賛成派だ。別に紙やペンが無くなる訳でもなし。両方の良いところを活かしていけばよい。書くことを禁止せよとは誰も言っていないし、教科書に書き込みをしたければ現時点のソフトでも普通にできる。紙の教科書は言葉に出来るものしか伝えられない。より直感的な、リアルなイメージを伝えることが出来るのが、電子書籍だ。真新さだけで電子書籍を語るのではなく、可能性をもっと模索してもいいんじゃないか、というのが僕のスタンスだ。


Image 2010816233409

さて、本題。
楽譜の電子書籍化について、クラシック音楽の奏者としてどう考えるか。

電子化されることで、最も懸念されるのが楽譜への「書き込み」だ。音楽を専門に勉強してきた人たちの楽譜には、様々な先生のレッスンや講習会の知識や解釈の書き込みが詰まっていて、それぞれがかけがえの無い財産になっている。書き込みすぎてまともに楽譜が読めなくなり、買い直した楽譜もある。電子化することで、この書き込みが出来なくなるのではないか、という問題がまず浮かぶと思う。
しかし、これは逆に電子書籍になれば利便性が増すのだ。現時点での楽譜閲覧ソフトでも、書き込みの機能を備えたものがある(下図参照)。


Image 2010817022721

こちらはiPad用の「forScore」というアプリ。PDFの楽譜データを読み込み、書き込みができる。オーケストラのスコアを勉強するときに、大いに役に立った。もちろん書き込みの削除や編集も思いのままだ。まだまだ改善の余地があるが、十分楽譜の電子書籍化の将来性を感じさせるアプリだ。

今後もっと進化したら、例えば付箋にテキストを書き込み、貼り付けるといったことも出来るだろうし、書き込みをレイヤーで管理して、これは誰先生の解釈、これは誰々先生の解釈、と情報を整理することも出来るだろう。

それでも、紙の楽譜が良いという意見もあると思う。その気持もよく分かる。書き込みは学んできた証であり、その楽譜を宝の様に思う気持ちは僕にもある。だが、それはあくまで「アルバムを大事にする」という気持ちと同じであり、音楽家として本当に大事にしなければならないのは「書かれている内容」だ。書かれている内容を整理し、推敲し積み重ね、時には一度ゼロに戻して再構築といった作業を繰り返すのに、より適したツールやデバイスを用いるべきだと思う。

その結果、やはり紙が一番というのであればそれで構わないし、iPadのような機器がより進化して、紙にとって変わられるのであればそれでも良い。必要なのは、双方の利点を洗い出し、最善を選ぶこと。どちらか片方しか使ってはいけないなどと、誰も言ってはいないのだから。実際、書かれている内容だけが大事なのであれば、「自筆譜ファクシミリ」など残っていないはずである。

僕の勝手な想像だが、やはりいつか紙は電子書籍にとって代わられ、紙は贅沢品になる日が来ると思う。石版から紙へと文字の記録が移りつつあった時代、あんな水にも火にも弱いもので、記録など残せるものかと批判があったそうだ。それでも紙は石版にとって代わり、現代までその文化を継続してきた。今の電子書籍の論争は、その転換期の再来だ。長い歴史ゆえ紙が容易にとって代わられることはないだろうが、その文化が移行する貴重な瞬間に立ち会っているのかもしれない。

スポンサーサイト

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還

071019_01.jpg

日本の小惑星探査機「はやぶさ」が、ついに地球へ帰還します。

「はやぶさ」の目的は、地球と太陽の倍の距離のある、わずか500メートル程の小惑星「イトカワ」を調査、さらに着陸しサンプルを持ち帰るというものでした。地球の大きさを1円玉としても、その400メートル先の0.1ミクロンに満たない小さな点に命中させるようなものです。「イトカワ」までの旅は比較的順調でしたが、小惑星への軟着陸の際のダメージなどで電気系統や燃料洩れ、さらに1基のイオンエンジンが故障。姿勢制御不能に陥ってアンテナを地球に向けられず、通信が途絶えました。

ここからがすごかった。「はやぶさ」はどんなに姿勢が崩れても、スラスター無しで自然に姿勢が安定する重心設計になっています。プロジェクトチームは諦めず「はやぶさ」からの信号を待ち続け、1ヶ月後ついに微弱な電波をキャッチします。そして機体をチェックしてみると、電池は完全に放電、また半分は故障、姿勢制御用のスラスター燃料はほとんと流出という、絶望的な状態でした。そこでまずイオンエンジンの触媒を使って姿勢制御をし(出来るように作っておいた)ソーラーパネルを太陽に向け、爆発の危険のある完全放電したリチウムイオンバッテリーの再充電を、安全に行える回路を使って充電し(作っておいた)、故障したイオンエンジン同士を相互に機能を補って再起動(出来るようにつk以下略)、この他にも数え切れない多くの試練を乗り越え、はるか遠くの小惑星から5年をかけて今まさに地球のそばまで帰って来てきました。



そんな「はやぶさ」ですが、小惑星のサンプルが入ったカプセルを放出した後、明日13日の23時、オーストラリア上空の大気圏に突入し、自身を燃え尽きさせてその使命を終えます。小惑星への接近観測、着陸、離脱を成し遂げただけでもすごいですが、もしカプセルにサンプルが入っていた場合は、世界初で月以外の天体からの物質を手にいれることになります。宇宙で様々なトラブルにみまわれ、一時は宇宙に永遠に漂うことになるかもしれなかった「はやぶさ」が、無事に一生を全うできたことは本当に誇ってよいと思います。

お帰りなさい、「はやぶさ」。
明日の夜、遠い遠い星をを旅してきた探査機が、流れ星となって地球に還ってくる。遙か南の空へ向けて万感の思いをよせてみてもよいかと思います。


【追記】

void(0).jpg

はやぶさが帰ってきました!
写真はその瞬間を捉えたもの。

こちらはNASAによる撮影。



翼を広げた火の鳥の様にも見えます。

未来の楽譜のお話

100404notes1.jpg

先日、話題のiPadが発売になりました。
その影響として、書籍の電子化に大きく前進するとかしないとか取り沙汰されています。僕自身、今現在はiPod touchのアプリケーションである「i文庫」で小説を読んでいます。端末に何百冊ものデータを取り込み、それを片手操作で手軽に読むのに慣れると、もう重い文庫を持ち歩く気にはなりません。

これは、同様に楽譜にも言えることです。紙媒体の楽譜はいずれデータ化されて、モニターで直接楽譜を見るようになると思っていましたが、iPadの発売でそれが現実味を帯びてきました。

2010-05-30 08.25.38

営業となれば、大量の楽譜を持ち歩きます。伴奏譜を含めると辞書5冊分くらいの重さを、楽器や衣装と共に持ち運ばなければならず、非常に億劫です。これを端末ひとつで持ち歩くことができたら・・・。

データ化には様々なメリットがあります。スペースをコンパクトに出来るほか、劣化しない、楽譜のやりとりがメールで出来る、曲の検索が容易(重要)、在庫の有無の心配が無い、欲しいと思った瞬間に手に入れられる等など。iPadに、楽譜閲覧のアプリが出ています。これは書き込みも自由に出来るらしく、スコアリーディングに最適です。

もちろん、紙の楽譜にこだわる動きも絶対あるでしょう。札響のエキストラで、使い込まれた楽譜を見ると歴史を感じずにはいられません。これは、書籍に関してもそうです。ですから、紙は紙として残し、一方でデータ化も進んでいけば良いかなと思います。一抹の不安は、今の日本のデジタル産業のように、ガチガチにプロテクトを固めて結局取り扱いづらいものになってしまわないかということですが、楽譜の出版社はほとんど外国だから大丈夫かな・・と甘い考えを持ってます。今のiTunesとiPodの関係のようなシステムが構築されれば、輸入してでも手に入れます。

さて、肝心のiPad、僕は買うのかどうか?
・・・まだでしょうね。今のiPadを2つに並べて、それをおりたたんで持ち運べるくらいになったら買おうかな。今、まるで紙のように丸めて持てるような液晶も開発されています。まだまだ電子書籍の文化は始まったばかり。けど、とても未来ある分野だと思います。どうなっていくのか、楽しみですね。

助成廃止反対

『本物の舞台芸術体験事業』廃止、日本芸術文化振興会への交付金圧倒的減額および本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。

昨今話題となっている「事業仕分け」の対象として「『日本芸術文化振興会』をはじめ、芸術家の国際交流や、学校への派遣などに対する一連の文化事業予算を大幅に削減」(2009年11月20日20時45分,朝日新聞社HP)するように評価されました。

これにより、プロ・アマ問わず文化的な活動に交付されていた助成金が、廃止になる可能性があります。これらの助成金廃止案は、「収益性」は低くとも「公益性」の高い数々のコンサート事業の運営に大きな障害となります。もちろん、僕も助成金のお世話になり、助けられたことがあります。

選挙前、自民党・民主党の党首討論会にて、削減すべき予算について議論が行われました。そこで、民主党の鳩山さんは徹底的に論破されています。



ノーカット連続動画 http://www.youtube.com/view_play_list?p=7E55DC2171A2DD1F

何を削って、どう予算を捻出するのか全く曖昧な答えしかでない時点で、僕は民主党を見限っていました。しかし、選挙は政権交代をスローガンに掲げ、マスコミの大いなる後押しもあって民主党の大勝。正直背筋が寒くなった覚えがあります。

それでも、多数の国民の支持した選挙結果を信じ、少しでも世の中が良くなりますようにと見守っていたら、このありさまでした。もはや、静観しているわけにはいきません。

よき聴衆がいるところでは、すばらしい演奏家が育ちます。良き聴衆を育てるには、すばらしい演奏を出来るだけ幼い内から触れることです。この循環を何度も重ね、ゆっくりと時間をかけて音楽文化は成熟していきます。その為の「本物の舞台芸術体験事業」です。僕も何度も小・中学校学校へワークショップを行い、目を輝かせて演奏を聞く子どもたちに会ってきました。その後送られるお手紙で、幾度励まされたか分かりません。これを対費用効果のみでカットされ、結局見つからなかった「埋蔵金」とやらの代わりにさせてなるものか、です。

もし、このブログを読んで賛同していただける方がいたら、ぜひ協力お願いします。参考のために知り合いから送られてきたメールの内容を転載します。


●事業番号「4」事業名「文化関係1-独立行政法人日本芸術文化振興会」
*芸術創造活動特別推進事業助成金についてはこの事業です。

芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。」という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。


●事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」
*本物の舞台芸術体験事業がこの項目です。

本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。」という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。
 
・様式は自由、必ず「件名(タイトル)」に事業番号、事業名を記入して下さい。
※ 署名扱いなので、住所・氏名を入れて下さい。

文化庁(文部科学省)
送信先アドレス:nak-got@mext.go.jp
担当官:中川正春・後藤斎


一つ注意しなければならないのは、意見募集の期限が12月15日までということで、時間がありません。音楽関係者でなくても構いません。芸術文化の乏しい、本当の意味で貧しい国にさせないよう、頑張りましょう。

最後に、この言葉で纏めます。

ナチスが共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった。
ついでナチスは社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった。
ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。
ナチスはついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、全てが遅すぎた。

                          ――マルティン・ニーメラー牧師

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

エアヴァイオリン?エアチェロ?

アメリカの新大統領が着任しましたね。
ネットを見ていると、ふとこんな記事が目につきました。

オバマ大統領就任式 ヨーヨー・マらの名演奏、実は事前録音(産経新聞より)

なんでこんなことになったかというと、

>演奏時の気温は氷点下。寒さで楽器の音程が狂う可能性が高いとヨーヨー・マ氏らが判断し、演奏をそのままマイクで拾って会場に流すことは避け、録音を使うことにしたという。

ひょひょひょ氷点下((((;゚Д゚))))ブルブル
こりゃ演奏どころじゃなくなるのは当たり前です。
パールマンやヨーヨーが風邪ひかないかどうかも心配ですが、それよりももっと楽器が大丈夫か心配です。多分寒さで楽器ヒビ割れてますね演奏後。使い物にならなくなっただろうなあ・・・もちろんメインの楽器ではないだろうけど。

寒がりの僕は、こんな中で弾いたら絶対鼻水垂らしてクシャミして演奏とまるでしょうね。ていうか楽器すら出したくありません。プロとして一定のクオリティを求められ、ましてやアメリカの大統領の前で演奏するには余りに過酷な環境に、同情の念が耐えません。

この企画を立てたの誰だ~!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。